母として主婦として。

アラサー主婦が書くブログ。2人の子どもと、酒飲みの旦那が家族です。

夏が来る前に「子どものあせも」対策と直し方を覚えておこう!!

f:id:anko511:20160420164420j:plain

最近温かくなってきて、夏本番目の前ですね~。

夏と言えば…暑い!暑いと言えば…あせもですよね⁉

大人は自分で管理できますが、子どもはあせもができやすいんです。。

ってことで夏前にあせものこと知っておきましょう~。

 

あせもの原因

まず、あせもはどういう原因でなるのか?

イメージとしては、汗をかきすぎて皮膚がかゆくなってぶつぶつが~って感じですよね?

汗を大量にかくのは原因の一つです!

皮膚の下の方にある汗管と言うところがあります。その汗管から汗が溢れて炎症を起こすのです。

 

子どもにできやすいのはなぜ?

大人も子どもも汗は汗腺から分泌されます。

子どもは体は小さいのに、大人と汗腺の多さがいっしょなのです。

つまり、同じように汗をかくけど表面積は子どもの方が少ないので、汗をたくさんかいたようになってしまうのです。

 

赤ちゃんの場合は自分で「暑いよ~」「汗ふいて~」など伝えれないですよね。

ですので、赤ちゃんが汗を大量にかいてることを知らなく、放置してしまうのも原因の一つかもしれません。

 

あせもになりやすい場所

皮膚と皮膚が擦れるところです。

特に赤ちゃんの首の裏によくできますね~。

あと肘や膝の内側はむれやすいので要注意!

 

あせもになってしまったら

あせもには3種類あります。

水晶様汗疹・紅色汗疹・深在性汗疹とこの順に症状がきつくなっています。

一般に「あせもになった」というのは紅色汗疹のことで、病院で少しステロイドの入った塗り薬をもらって塗れば治ります。

 

ステロイドと聞くと「大丈夫?」と思う人もいるかもしれませんが、かきむしったりして酷くなる前に治してあげましょうね。

 

ならない為には

赤ちゃんの場合は、こまめにオムツのチェック・汗をかいてないかチェックしてあげましょう。頻繁に温度管理に気を付けるのも重要です。

もちろん汗をかいていたら拭いてあげ、オムツもむれていたら替えてあげて!

「電気代が~」と思うかもしれませんが、汗をかくくらい室温が高ければクーラーを!

 真夏の外出には着替えを持って行き、汗をかいて濡れていたら着替えるのも予防の一つです。

 

まとめ

より赤ちゃんが過ごしやすい温度管理に気を付けていれば、あせもはできないと思います。

快適に過ごせるよう気を付けてあげましょうね!