母として主婦として。

アラサー主婦が書くブログ。2人の子どもと、酒飲みの旦那が家族です。

老後資金を考え始めたアラサー夫婦

f:id:anko511:20160515090701j:plain

私たちアラサー夫婦は老後のことなんて、まだ考えたことなかった。

だが、この前保険相談センター(よくショッピングセンターなどにある保険のビュッフェや保険見直し本舗といったとこ)に行って、色々と考えさせられました、、

 私自身今までの保険・これからの保険を整理するためにまとめます!

我が家の今までの保険

結婚当時

結婚前、夫は一人暮らしだったのもあり保険には入っていませんでした。

結婚して子どもがもうすぐ産まれるってことで、初めて保険相談センターで保険に入りました。

その時に契約した保険↓

①夫の医療保険

②夫がもしもの時の収入保障保険

③子どもの学資保険の代わりに低解約型戻金型終身保険

この3つ。

夫にもしものことがあった時に②の保険で毎月一定額が55歳くらいまでもらえる。

なおかつ③の保険でももらえる。

ということで最低限に抑えた保険に入りました。

 

私の保険

私は働いていないし、生まれつきの持病で入れる保険が少ないのでいらないと思っていました。

ですが父がお付き合い保険みたいな?感じで私の医療保険に入ってくれることに!!

ありがたい…

 

2人目

2人目が産まれたので学資保険を検討。

1人目と同じで低解約型戻金型終身保険に入ることに。

1人目は男の子だし大学入学時に300万。

2人目は女の子だから同じ時期に100万。

もしこんなに必要がなければ寝かせておくことも可能な保険で、その間も増えていく。

でもこう書いてみると100万って少ないな…大丈夫かな…

がん保険

今まではいっていた医療保険はがんの特約を付けていなかった。

でもやっぱりがんになった時大変!って聞くと怖くなてきた、、

ってことで医療保険にがん特約も付けた。

 

老後資金

年金は私たちが受け取る!ってなった時どうなっているか分かりません…

定年を65歳と想定し、平均寿命まで生きるとなった場合贅沢しなくても4000万ほどはかかってくるとのこと。

今だったら年金でほとんど賄える部分もあるがどうなっているだろう…

 考えたことなかったので全然創造できない…

 

夫にもしものことがあったら

 この記事の初めの方に書いた保険「収入保障保険」

これは夫にもしものことがあったら毎月10万入る保険。

ですが、もしものことが無かったら掛け捨てなので何事もなかったように終わる保険なのです。

遺族年金と合わせると大体20万ほど。

私がパートでもすると親子3人でもやっていける。

 

老後資金に回したほうがいい

相談センターの人が言うには「掛け捨てでこれだけ払うんだったら老後の貯蓄型の保険に入っておいた方がいい」と

収入保障保険の額を減らし、貯蓄型の保険を検討することに。

だからと言って、もしものことがあった時に困るのはダメなので最低限は収入保障保険は額を減らしかけたまま。

その代わり終身保険(低解約戻金型)に入りました!!

 これはこれから毎月7000円ちょっと払っていきます。

老後どうもどってくるか

夫が65歳になったら戻金率が高くなる(支払った金額より戻ってくる)。

65歳の時点で400万。この率が100%超えてきる。

この時に「まだ必要ないわ~」と思ったら寝かせときます。

すると戻金率が高くなって400万以上のお金が戻ってくるってこと!

 

65歳までに夫にもしものことがあった時は500万が入る。

これを契約しました!!

 

まとめ

ってことで今回は、

収入保障保険の額を減らし、老後のための貯蓄に!!

保険を変えたり契約したり、、

 

今まで老後のことより子どものこと!でしたがよくよく考えてみると、、

老後に頼るのは子どもたちになる。

それじゃあ本末転倒なので、無理矢理にでも老後資金を貯めることにした!

これは正解だと思う。

今でも生活パツパツですが頑張り…ます!!!