母として主婦として。

アラサー主婦が書くブログ。2人の子どもと、酒飲みの旦那が家族です。

映画「オデッセイ」をひかりTVで初レンタルしてみた【軽いネタバレ有】

映画「オデッセイ」を見ました。

最近映画(DVD)を見てなかったのですが、子どもが早く寝てくれたので!!

映画の感想とか書くの初めてですが、初心者だと思って見て頂ければ幸いです。

 

ひかりTVのレンタル

f:id:anko511:20160711134928j:plain

我が家はひかりTVを契約していてそこからのレンタル。

48時間432円。

小さい子どもがいてレンタルショップでレンタルしてもいつ見れるか分からない状況。

しかも見ないで返却パターンも少なくない我が家には凄く便利。

 

ちょっと高いかな?っていう値段設定ですが、ショップでレンタルして見ないで返すよりかは良いですよね。

これからもこれ活用しよー。

 

オデッセイ

f:id:anko511:20160711124353g:plain

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

 情報

2016年2月5日公開

主演:マット・デイモン

上映時間:142分

 

解説

人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に生きていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後。サバイバルに不可欠な食糧も酸素も水も絶対的に足りない。そのあまりにも過酷な現実を直視しながらも、ワトニーは決して生き延びることを諦めなかった。やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて前代未聞の救出プランを実行するのだった……。

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

 感想

全体的に

途中で変な火星人なども出てこず、テンポよく話が進められて見入ってしまう映画でした。

142分は長く感じることもなくあっという間。

それほど引き込まれていました。

 

ワトニーは天才!

あんな状況(火星に取り残された)の中、冷静に物事を判断し自身で水を作りだしたりと。

こういった精神的な訓練もしていたのかー?と思わされました。

 

常に次はどうするんだろう?とワクワク感があり、退屈のしようがない映画

諦めない姿勢も凄く勉強になりましたね。

 

アメリカならではのジョー

 主人公のワトニーはあらゆる危機にさらされるのですが、「こんな時普通こんな事言える⁉」って感じのジョークが多々あります

いやーそれが面白い。

 

火星で一人取り残され、植物を育てるのに成功。

これで何とか食料の心配はしなくて済みそう!って時にあるトラブルで全滅。

こんな時にも笑ってジョークを少し交えていました。

 

ワトニーがマッチョからガリガリに

火星に取り残されるといったトラブルがあった当初はマッチョで良い体をしていたんです。

ですが食料が底をつきそうになり、いもを本当にひとかけらずつ食べたりとそういった食生活をおこなっていたんですねぇ。。

そしたらガ、ガリガリに…。

最初は裸の後ろ姿でガリガリボディが映し出されるんですが、、もうビックリですね。

リアルに「せっかくあんなマッチョだったのに役作りの為にこんなガリガリに…勿体ない!!勿体ないすぎる!!」と思いましたね…。

 

 仲間との絆

当初6人でミッションを行っていた仲間との絆が熱い

結局はワトニーを除くこの5人でワトニーを救出する。

だけどこの5人が助かってワトニーを見捨てるか、この5人でワトニーを助けに行って全員死んじゃうか全員助かるかという状況の中、一瞬の迷いもなくワトニーを助けに行った。

 

でも仲間というより、このワトニー一人を助け出すために色んな人・国が協力し喜び合える。素晴らしい協力プレーでした。

 

 最後に

この映画を選んだ理由の大きな理由はマットデイモンが好きだから。

ちょっと老けたなとは思ったんだけど、マッチョなボディが見れて幸せでした。

結果、ストーリーも良く満足。

宇宙映画でしたら最近のゼログラビティもおすすめです。

by カエレバ
by カエレバ